40歳を超えて受けた人間ドックで糖尿病が発覚しました。通常の状態で血糖値が200を超えているため、すぐに治療をはじめることになりました。

食後は血糖値が500を超えるためにインスリン注射で血糖値を下げることになりましたが、同時に食事療法により生活習慣を改善することが必須と言われたのです。

特に体重が102kgもあり適正体重を30kg以上オーバーしているので、減量が欠かせません。

そこで適正体重になるまで、1日のカロリーを1600kcal以内に抑えるカロリー制限が始まりました。

1食のカロリーは約530kcalです。外食する時は何を食べていいのか分かりません。

さらに糖質制限もあり炭水化物の摂取量を決められてしまいました。

だから栄養成分表示に糖質の量が記載されていないと量が分からないので食べられません。

わたしは知らなかったのですが、糖尿病で食べてはいけないものと食べてよいものがあります。

食べてはいけないものは、糖質を含む食べ物です。

食べてよいものは、糖質をふくまない食べ物です。

糖質を食べると血糖値が上がってしまうという理由です。

わたしは、この2つを徹底して守って生活をしました。すると体重がどんどん減ってゆくじゃありませんか?

1日のカロリー摂取量と食べてはいけないものを避けるだけで、1ヶ月10kgも痩せてしまいました。

この調子でゆけば、半年もあれば目標の適正体重まで減量することも夢じゃなさそうです。

糖尿病の食事療法がダイエットにも効果があるなんて知りませんでした。

参考情報: